昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

新鮮力と新戦力

 オープン戦も始まり、各球団の戦力や調整具合はどうか気になるプロ野球ファンの方は多いのではないかと思います。

 今年の巨人軍は、かなり調整が早いようですし、例年に比べると今から始まってもペナントレースの試合になるぐらいのペースで仕上がっているなと感じます。投手ではたくさんの若い選手が登板していますし、野手も同様ですね。昨日の試合では投手では田口投手や沼田投手、野手では増田大選手や湯浅選手、中島選手が目立っていたのかなと思います。その中で中島選手ですが、これまでのところかつての輝きを取り戻しているように思います。「うまくなる余地はまだたくさんある」とコメントされたようですが、ベテランでもこのように考えないとプロ野球では生き残っていけないのだろうなと思います。そういう意味では昨年ドラフトで入ってきた新人のような「新鮮さ」を取り戻したことが、今年の好調につながっているのでしょうね。ドラフトに入ったばかりの頃は若さという新鮮さだけで皆の刺激になりますが、年を重ねるにつれ、一軍の戦力、それに近い存在になっていかないと周りの選手によい刺激を与えられません。阿部二軍監督が厳しい方針を打ち出しているように、中途半端でいると3軍に落とされたり、出場機会が極端に減ってくるのだろうと思います。中島選手のコメントは”新人のような気持ちに立ち返り、自分を再度鍛え上げた”ということが、これまでの結果につながっているのだと思います。ベテラン選手でありながらも、すでに周りに刺激を与える新鮮力になっており、ペナントレースで活躍すれば真の新戦力になったということになるのでしょう。毎年「もっとうまくなろう」と努力されているように見える菅野投手と同様、巨人軍の若い選手もお手本にすべきなのかなと思います。

 さてそれでは私が考える現在のジャイアンツの課題ですが、単純に考えると左投手、左打者の新戦力でしょうね。先発では高橋優投手、田口投手などがいますが、中継ぎでは高木、中川投手と昨年活躍している人しか今のところいません。戸根投手は未だ調整中のようですし、大江投手も調子が上がってこないようです。左打者では吉川尚選手は順調のようですが、山下航選手の名前が上がってきません。右投手は戸郷投手、沼田、高田、古川投手など、右打者は昨日の湯浅選手やモタ選手などの選手がしっかり力をつけているように感じられます。なかなかそこまでバランスよく選手がいないのかもしれませんが、育成・トレードなども駆使して戦力バランスも整えてほしいなと思います。