昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の生活にちょっとしたよい変化を与えられるよう情報を提供し活動していきたいと思います。ふと心に浮かんだ取るに足らない話題ばかりで大変恐縮ですがお付き合いのほどお願いいたします。。

チームワークとアンバランスがとれてない

 久しぶりの更新で申し訳ありません。日々何かしなければならないと思うことがあり、忙しい夏でした。現在は夏の名残で台風が来ていて、まだ蒸し暑い日が続いていますが、皆様体調はいかがでしょうか?

 景気は一向によくならず、賃金は上がらず、物価は上がり、旧統一教会の問題などで政権与党の自民党の支持率はみるみる下がり、台風の大雨で大きな被害も出ており、ウクライナ情勢もまだ収束しそうになく、あまり明るい話題がない気がします。これらのことを見ると、どこもチームワークがうまくいかなかったり、天候などアンバランスな状態かなというように思います。

 巨人軍はよいのか悪いのかわからない?状態ですが、球団コロナ禍の後、雨降って地固まるといった感じではなく、坂本選手の問題も尾を引いていて、野球に集中できる状態なのかな?と思います。

 コロナ禍ではあまりに多い人数の感染者が出たため、試合をすることができず、十分休めて優遇されていると批判されていました。理由にはなりませんが、巨人はドーム球場を本拠にしていて他のチームより試合消化が早いので、それでも消化試合数は上の方であり、あの感染者数では試合ができないのは仕方がないと私は思いました。しかし、なぜその感染者増が起きたのか?ときどき日テレG+などで、試合前の選手たちがベンチにいるところが映されているのをみたことがあるのですが、マスクをしている選手としていない選手が混在していました。医大との連携はいったい何のためにあるのでしょうか?このあたり感染予防が徹底されていないところを見ると、やはり指導者の責任は否めません。

 坂本選手についてもそうですね。法的に出場は特に問題がないのかもしれませんが、現在の坂本選手はケガや今回の報道の影響もあるのか、本人の能力的なところからすると実績にしろ打席での気迫にしろ、やはり以前の坂本選手ではないような気がします。年齢的な衰えともよく言われますが、王貞治選手が現在の坂本選手の年齢では円熟期であったと記憶していますから、節制がたりない自分が言うのも何ですが、超一流選手からするとやはり節制が足りない気はしますし、今回もけじめがつけられていないと思います。また野手のチームリーダーであることからすると、うーんこれではチームワークはよくならないと思いますね。中田選手は今年復活しました。しかし、昨年移籍した時に、いったん三軍に落とすなりしてけじめをつけておけば、今年の復活は原監督の手腕と拍手喝采されたかもしれないので大変残念です。打撃陣に関しては、チームワークの勝利が見えてこず、個人芸のホームランでばかりしか点を取れず、ホームランが少ない時は負けることが多いという、相変わらずの状態で、中堅の吉川選手の体力的・技術的成長以外、活躍しているのは実績ありの方ばかりで、若手の台頭が見られないお寒い状態だと思います。

 投手陣は、来年に期待を持たせる内容で、来期以降、伯父さんである原監督がいなくても菅野投手が投手陣のチームリーダーとなれば、戸郷選手のさらなる成長や大勢選手、山崎選手や赤星選手、堀田投手などさらなる飛躍が見込めそうです。

 現在チャンネルNECOでまた石立鉄男さんの雑居時代をやっていますが、カメラのモデルさんの”つけまつ毛”が片一方しかない状態で、それでもモデル事務所の社長が、カメラ目線的にバランスが悪くないという意味で「アンバランスがとれてるでしょう」と言って笑ってしまう表現がセリフの中で見られました。打撃陣がホームラン打者ばかりでアンバランスであっても、チームワークがよければ、アンバランスがとれ、繋がりもでき十分上位を目指せたはずで、覇気のみられる試合がもっと見られたと思います。しかし日曜朝のサンデーモーニング上原浩治さんが、「ベンチの雰囲気が良くない」と話されたように、投手陣、野手陣の真のチームリーダーを育てられなかった責任、チームワークの悪い攻撃、アンバランスだとしても繋げられる打線を作れない、12球団最大と言ってもよいコロナ禍で特に試合消化の悪い球団に迷惑を大いにかけた責任など、球団幹部、現場の首脳陣の責任は重いと思います。広岡達朗さんが言われるように、原監督もご自分の力を証明されたいと思われるのであれば、いったん在野に下り、お金をかけられない他球団からのオファーを待ち、FAばかりで選手の育たない巨人軍を倒して優勝すれば十分その証明ができると思います。CS進出や日本シリーズ進出ができなければ?(一位もすでに消滅しているのでどなたも異論はないと思います。)、ぜひけじめをつけ、きれいな首脳陣の引き際を見せていただきたいなと思います。

 今気づきましたが、広岡達朗さんの新たなオンライン記事がでていましたね。「巨人が勝てない7つの理由」ますます読みたくなりました。

www.chunichi.co.jp

 

president.jp

ホームランが多くても非力な打線、守備はうまくてもエラーの多い守備陣 コントロールはよくてもフォアボールが多い投手陣

 皆さんこんばんは。忙しくしているつもりの自分ですが、結構時間の無駄が多く効率が悪いなと思っているので、誰か指導力がある方に叩き直していただきたい今日この頃です。

 さて巨人軍、よかったり悪かったりですが、若手の選手が活躍すればああよかったなと思います。戸郷選手は成長されましたね。ピンチでもひるまず堂々と投げ込んでいらっしゃいます。9勝、9勝ときて、今年11勝、やはり若手にとっては場数が必要ということですね。私も同様で年をとっても初めての経験があり、経験のある方についているとだんだん対処法がわかってきます。そういう意味では最近は若手に場数を踏ませようという姿勢は増えてきていると思います。しかしながら現時点ではどう考えても、日本シリーズ0勝、2連敗というのが、克服途上とはとても思えません。

 まずホームランは多いが全体としては得点力の低い非力な打線、球数を増やす工夫がない、ファウルをうつ技術や粘りも少なくあっさりアウトになる、当然のように決まるバントが少ない(戸郷選手のバントうまかったです。)、ソロホームランが多く効率は悪くつながらない、タイムリーが少ないなどで先制、中押し、ダメ押しのような絵にかいたような勝ちが少ないと思います。松原選手は昨年ブレークしたのに今年はなせ打てないのか?手が長く見えるボランコ選手は、少々遠めでも外角の球をクロマティ選手のように流してホームランできるような選手にはなれないのか?疑問は多いですね。

 また吉川選手に代表されると思いますが、身体能力は高く守備範囲も広くスーパープレーをするのに、えっと思うようなエラーをすることも目立ちます。もちろんエラーをしない選手はいませんが、あれだけうまい選手がなぜ?といつも思います。このあたりなぜなのか検証してその対策について指導がなされているのか?うーんどうなのでしょう。

 個々の投手のコントロールはよくなっているのかもしれませんが、相変わらず心配なフォアボールの多い投球が多いと思います。今日の直江投手、良い球はあると思いますが、決め球がしっかりしていないので粘られる、抜け球が多いというような感じに見え、そうすると痛打されるだけでなく、粘られるのでフォアボールも増えるだろうな思いました。2軍で調整も多いので課題を克服できるように何度も指導されているのでしょうね。

 もちろん私は素人であり、見当はずれ?、あるいはそんなことはとうにタイムリーに何度も何度も一二軍を行き来しながら複数の目で同じことに関して一貫した指導がなされているのかもしれませんし、私が物申す必要は全くないのでしょう。ただ残念ながら、V9時代の川上野球とは比べるべくもなく、またその頃活躍した選手は皆優秀な指揮官・指導者になられたり、評論家として活躍されている方がほとんどでやはり超優秀な方たちだったのだなと歴史が証明しています。そしてその理由としても川上監督、牧野ヘッドコーチなどの指導した軌跡が下記の記事のように残っていて、しっかりした指導がなされていたことはいうまでもありません。 

www.news-postseven.com

 

 では、現在下記の記事を読んでも、本当に指導がなされたうえで、選手に託されているのか?不明です。原監督+元木ヘッドコーチノートがあるのかもしれませんが、私が以前記事にした廣岡達朗さんの書かれたことを見ると、どうも疑念が払拭されません。

news.yahoo.co.jp

 

prokenkougiants.hatenablog.com

 私は現指導陣が自信があるのなら、批判をする名評論家方を練習に呼んで、我々はこう指導し、こう対策をとっていて、さらにこのようなしっかりした育成法をしていると説明してほしいと思います。来年はこんな姿を見せることはありませんと約束してほしいなと思います。V9時代のように勝っているときはひっくり返すのは難しいだろうな・強いなと思わせる、また終盤になって大差で負けていても、ひっくり返す可能性が十分あるような野球を再び見せる自信がもしないのであれば、やはり現首脳陣は変わったほうがよいのかもしれないと思います。

 この間の中日戦を見ても東京ドームの観客は空きが目立ちました。FAでも巨人に行きたい選手は減る一方のようで、凋落の一途をたどる前に巨人軍関係者は何らかの手を打つべきだと私は思います。的外れで僭越な物言いで申し訳ありませんが、子供の頃から巨人軍を愛する人間として毎日心からプロ野球が楽しめないのは、結構つらいですね。

 

 

過去の遺産との決別と覚悟

 今月は更新していませんでしたね。夏休みを数日とったのもありますが、夏休み中も移動中などは仕事をしていて、負債大ありで更新できませんでした。

 さて巨人軍は前回のブログ時と同様の状態で、全く上向きになりませんね。私は古い人間なので下記の記事にあるようなことを思い出しています。

www.zakzak.co.jp

 野球人として私が尊敬する長嶋さんですが、川上監督の9連覇の後、最下位になりました。川上監督の時代は絶対的レギュラーがいて、若手が育ちにくい時代で、現在のようにFA、外国人頼みで若手を育てなかった状況とは微妙に違いますが、ある意味似たような状況と言えるのかもしれません。違うのは監督が代わっていることと、また最下位でしたが、この記事にあるように、一本立ちさせようと新浦投手を打たれても打たれても使ったことなどや、その後も下記の記事にあるように、後に主力となると信じた選手を徹底的に鍛え上げたところが違うところですね。やはり相当な覚悟を持ってチームを立て直したと私は思います。

 

www.zakzak.co.jp

 それに比べると、現在の原監督の選手起用法や一二軍の選手入れ替えに関しては私にはあまり理解できず、うん?と思うことがあります。トレード要員、現役ドラフトに出す選手、自由契約選手の見極めをやっているように見えますし、選手起用にしつこさや一貫性がなく、長嶋監督のように過去の遺産にこだわらず、一から見直そう・育てよう・課題を解消させようという覚悟が希薄なのかなと感じます。

 一貫性や覚悟のなさからか、今まで一岡投手、大田選手、平良投手、田口投手、宇佐美選手、沢村投手(原監督でない時代の選手もあったかもしれませんが)などが放出され、他球団の主力、あるいは準主力になりました。これらの選手が巨人で育て上げられれば、現在のような巨人の状態はなかったのではないでしょうか?原監督にもそれなりの理由があったのではないかとも思いますが、FA、トレードの失敗など過去の負の遺産が酷すぎて、今回、大田選手など普通なら戻ってきてくれと手を挙げてもよいところ、今までの失敗の経緯から、自由契約に近いFAでも手を挙げにくかったのではないかなと思います。

 私は今年どうあろうとやはり過去の(負の)遺産と決別し、人心一新を望みます。新しい監督、コーチの下で新しいビジョンで選手を育て上げ、強い頃のスキのない巨人軍を作り上げ、日本シリーズで妬ましいほどの強さをみせつける、それでいてゲームは面白く、途中でテレビを消すのがはばかれるような試合をぜひ観たいなと思います。いまはほとんど試合の結果を見るだけで、テレビをつけても”ああこりゃだめだな”と見切りをつけ、結果を確認しても全く予想通りです。試合中録画番組などをみてしまう今日この頃です。勝っても負けてもつまらない試合を見せるチームからはファンは離れていきます。ドラフトもつじつま合わせではない、夢のある選手(現在頭に浮かぶのは高松商の浅野選手や誉高校のイヒネ選手ですね)を覚悟をもって指名し、見切りをつけず育て上げてください。ある意味出直すことを考えると、最下位のほうがドラフト1位級を二人取れます。ここは長嶋監督のように選手を育てることに集中して最下位でもよいのではないかと思ってしまう私は、アンチではなく真の?巨人ファンだと思っていますが皆さんはどう思われますか?

 

 

 

独裁と孤立

 仕事の負債が続き、なかなか更新できない日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。明日明後日は連休なので久々に更新することにしました。

 さて巨人軍はやせ馬の先走りだったようで、急激に失速、今年の最下位も十分狙える感じになってきました。負けが込んでいるだけではなく、昨年と同様、何より試合があまりに面白くなくて、最近は少し見るかどうかになってきてしまい、今日も仕事で全く見ておりません。ピンポイントで井上投手の快投のみ、見られればよかったかなと思う程度ですね。どの試合も同じ感じかな。

  自動車評論家の三本和彦さんが亡くなられました。以前私がこのブログで取り上げたことがありますが、私の最も尊敬する自動車評論家で、新車情報ではいつも「ぶしつけな物言いで申し訳ありません」と断ってから、頑固なまでの首尾一貫した持論をいつも展開されました。メーカーに気兼ねすることもなく、ユーザーに対して、いや実はメーカーに対しても暖かい眼差しを持っていらした、本当に素晴らしい方でした。直接会って是非お話をしたいと思った方の一人ですが、本当に残念です。

bestcarweb.jp

prokenkougiants.hatenablog.com

 野球評論家の廣岡達朗さんは、三本さんと同様、首尾一貫した主張をされる私の尊敬する野球評論家の一人ですが、今週号のベースボールマガジンの隔週連載コラム「やれ」と言える信念で、「今の巨人を見ていると、こうすべきだという物事の本質を教えたくなる。巨人の野球を根本から変えてみせる自信はある。」「少し悪ければ二軍に落とす。選手というのは欠点を注意して改善してこそ成熟するものなのに、何も教えていない証拠だ。」「いまの選手で、私のように噛みつく人間がいるだろうか。そんなことをすれば干されると思っている。しかし真理を干したら干した側はバチが当たる。命懸けで自分の職業を考えるべきだ。」と巨人軍を一刀両断していらっしゃいます。

 抜粋なので、皆さんには理解が不十分になってしまうかもしれず、大変申し訳ないのですが、私の言いたいことを廣岡さんは、ほぼ全て言われていました。今のようななんだかよくわからない衝動性の塊のような起用・交代方法、投手も疲れからもあるのか、ああ投球フォームが乱れているなと思ったらすぐ落とされる。修正点をじっくり教えられているのかなと不思議に思います。野村再生工場、現在であれば高津再生工場ならばどう指導されるのか?、同じ戦力であっても、もう少し??いや一杯、魅せられる戦いができるのではないかと思いますし、4番岡本選手の不振もチームの不協和音から来ているのではないかと疑ってしまいます。

 堀内恒夫元監督も連載「悪太郎の遺言状」で、前週号だったか、現在の首脳陣に対して「信賞必罰」ということばを使っていらっしゃいますし、廣岡さんも同じ特集で「日本シリーズで2年連続4連敗してもクビにならず、億単位の年棒をもらっている。こういうことを球団が認めているとしたら.....」と言われています。

 こう見てくると、巨人軍も現状ロシアと同じように見えます。側近や近い人からは助言ができない?、あるいはしてもらえない?、あるいはあえて言わない?というような感じにも見えますし、原監督は自分が最高責任者であるにも関わらず、選手には「奮起が必要でしょうね。大いに反省すべきと思います。」などの言葉ばかり。GM+監督での選手獲得・放出(FA、トレード)、選手の入れ替え、起用・交代方法、作戦面、育成・指導方法などなどに関する自分の責任はどこ吹く風?に見えます。

 個人的見解で恐縮ですが、下記の記事のように、巨人を2年連続日本シリーズで一勝もさせず、原監督と全く違い、たったの1年V逸でソフトバンクを潔く退任した工藤公康さんが巨人の監督になり、GMと監督を違った人にし、現在の一軍首脳陣の総入れ替えするなど人心を一新すれば、本当の巨人軍の力がわかるのではないかと思う今日この頃です。巨人軍を愛する原監督には大変失礼な物言いで大変申し訳ありませんが、プロ野球はファンあってのものです。原さんがもし巨人軍を愛する一ファンであったとしたら、負け続けているのに同じような試合を見せられ続け、古参のOBの提言を無視?し続け、選手のせいにばかりする?独裁孤立?巨人軍を応援できるかというと、やはりこれは難しいのかな?と思います。

www.asagei.com

 

www.news-postseven.com

わからないのでできない、わからないのでやらない、わかっているができない

 プロ野球交流戦は終わり、相変わらず巨人軍は迷走しています。これだけ新戦力が出てきているのにダメ(まあ2位ですが)ということは、やはり昨年までの積み重ねが足りなかったということは明らかですね。昨年まで大変消極的だった新戦力発掘が今年になってから、活発になっています。

 もちろん、今年になってから使えそうな戦力が大量に出現したというのも事実でしょう。新外国人や2021年ドラフトの新人はそういってしかるべきでしょうね。増田陸選手はケガが癒えたということがあるのかもしれません。しかし今日2安打を打った八百板選手、ケガをする前はブレイクしそうだった香月選手、一時打撃開眼かと思われた湯浅選手などは昨年もう少し経験を積ませるべきであったと思います。塩見選手、高橋投手などブレイクしているヤクルトとの違いが明らか?なように見えます。長岡選手や浜田選手など巨人だったら昨年使われているのでしょうか?いやいや、そうではない気がします。中田選手などは去年なら落とされない成績で、今年は今頃2軍に落とされていますが、明らかに昨年実績重視したつけが回り、山瀬選手など新戦力発掘のため使わざるを得ない状況になっています。

 巨人の指導はスタッフも豊富ですし、しっかりしているのかなと思ってはいますが、今日のように交流戦五分がかかる最終戦のような大事な試合で大敗するのは何か問題が潜んでいるのかなと思います。例えば二軍にいる広岡選手などは明らかに守備が問題(打撃も2軍でも確実性がなく大活躍ではありませんが)なわけですから、再度一軍に上がってくるときは、しっかり守備を鍛え上げて、肝心なところでエラーが少なくなるようにすべきだと思います。広岡選手を画面でみていると姿勢?や視覚的なもの?が素人目には悪い印象があります。これらは、せっかく医大とコラボしているのですから、ビデオや実際の練習を科学的、医学的にも診てもらった方が、岡本選手と比べても素質が高い広岡選手をブレイクさせられる一助となるのではないでしょうか。もちろん簡単ではないと思いますが、守備の課題が克服されれば、打撃も確実性や飛距離が増すような気がします。

 巨人軍の試合をみていると、特に大事なところでの作戦で、”わからないのでできない、わからないのでやらない、わかっているができない”という3つは多いように見えますが、”わかっているがいまは使うべきときではない”というのは少ないような気がします。今日も途中で見るのをやめましたが、山崎・山瀬バッテリーは、解説者の指摘空しく、直球で打たれています。最初のホームランは仕方ないにしても、左打者であれば内角のスライダーや外角の沈むシュートはしっかり空振りをとれているわけですから、直球は見せ球にして、勝負球はこれらの球にするなど、何らかの工夫をしないと上位に浮上はできないのかなと思います。もちろん”それは素人考えだな”、そんなことは百も承知で”わかっているがいまは使うべきときではない”と判断していると言われそうですが。

 プロ野球の選手は皆素質は一流です。しかし大谷選手が肉体改造されたように、得意なところを伸ばし、欠点を克服しないと、それぞれの選手が一軍でしっかり活躍できるようにはならないと思います。私は素人であり、僭越な物言いばかりで申し訳ありません。それぞれのチームには秘密もあり、実はしっかり指導・調整しているのでしょうが、結果が全ての世界です。おひざ元の報知新聞などでは、苦手克服、長所を伸ばすためにこんなことをやっているというのをぜひ記事にして読者にアピールしてほしいなと思います。

 

既成観念、意地か一貫性か?見極めが大事。

 仕事が一段落ついたかなと思うとまた仕事が入ってくる感じで、なかなかペースをつかめない今日この頃ですが、皆さんはどうお過ごしでしょうか?

 巨人軍もそんな感じで、阪神戦はこのところ劣勢、阪神も巨人となると力を出せるような感じで、巨人は阪神戦初戦は失敗を取り返したものの、その後が私の眼にはあまりよく映らないので、今日も観戦していません。

 さて、阪神戦初戦、デラロサは9回2アウトで大山選手に同点ホームランを打たれました。今村投手の直球も走っており、このままでもよいかなと思いましたが、原監督は左投手右バッター不利の法則に賭けたのか?まあこの投手交代は多くの人は納得するでしょう。しかし、大城選手のリードはちょっと?でした。デラロサ投手の武器は切れのあるスライダーなのでしょうが、残念ながら打たれる直前は、ストライクをとれたものの、すっぽ抜けています。こういうときに修正できるのが一流ピッチャーなのでしょうが、次は決め球にするのではなく、スライダーの調子を確かめてもよかったかもしれません。結果論ですがスライダーは切れもなく、甘い球となり同点ホームラン、勝ったからよかったものの、結果オーライと言っても過言ではないかもしれません。

 第2戦、最終回、ウォーカー選手のときは他のバッターならバントで送りでもよかったかもしれませんが、普通に打たせタイムリーヒット、これも凡打でも納得できました。しかし吉川選手の場面でノーアウト1塁2塁、うまくいけば逆転かなと思いきや、3バント失敗、1アウト。もし2塁3塁なら、岡本選手の内野ゴロはホームに帰れるほどのゴロだったので、同点となっていたでしょう。

 この二つのことは、私はすごい失敗ではないと思いますし、明らかな采配ミスではないと思います。しかしながら、私は2つのことを考えました。デラロサ投手はスライダーが武器とはいうものの、以前活躍していたころよりもキレがなくなってきているという記事を読んだことがあります。また、すっぽ抜けているときにすぐに修正できる投手なのかどうか?翌日直球で大山選手を抑えていたところを見ると、大山選手は直球とスライダーとどちらが得意なのか?そのときも直球の走りはよかった感じでした。つまり、バッテリーの頭に全てのことが入っておらず、意地や既成観念に走った感もあるということです。また翌日の吉川選手の3バントにしても、現在の巨人の選手のバント下手から考えると、果たして3バントにこだわる必要があったのかと思います。バントでもダブルプレーもありますし、3割3分以上の打者で、左とは言っても相手の岩崎投手は、アウトをとれるので、かえってバントのほうが楽ではなかったか?またフォースアウトをとれるバントであることも関係したと思います。

 私は以前の巨人と違って、現在の巨人の采配や選手起用は一貫性がないし、細かいプレーがうまくできていないとよく思います。今日は全くプレーをみていませんが、中山選手をさっさと変えてしまったようです。負けており、勝利至上主義ということもあるのでしょうが、それなら、昨日負けている状況で決して足が遅くない攻撃力の強いポランコ選手をなぜ変えてしまったのか?もちろん勝負所で足の速い選手ということもあったかもしれません。また変えなければポランコであった最後の打者を増田大選手から北村選手に変えましたが、これも現在の北村選手の状況であれば、増田選手のほうが粘って四球などででてくれるかもしれないと、私は北村選手に代える前に思いました。

 今年は攻撃では二人の新外国人選手の活躍、立岡選手・中島選手の勝負強さ、丸選手の復調・1番起用など良い面も多々見えますが、選手にも納得のいく采配、一貫性を見せていかないと、選手はどうすればよいのかわからなくなってしまうでしょう。桑田コーチはしっかり役割を果たされているなと試合を見ていてよく感じ取れますが、阿部コーチと元木コーチに関しては??と見えてしまいます。もちろん、外で見ている我々は内情をよくわかっていないので、勝手なことを言ってしまいますが、投手に関してだけでなく、守備、攻撃でも観客を納得させてくれるような試合を見せてほしいなと思います。

 山本五十六さんの名言「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」というのが、巨人でできているのでしょうか?少なくともいろいろな選手のバントをみていると、うまいとはとても言えず、たまたまうまくいっただけといつも思ってしまいます。主力にもバントをさせ、大事な場面でバントするのなら、川相コーチに監修してもらい、全員にバントだけで実戦形式の練習をやってみられたらよいのではと最近はよく思います。あ、見ずに終わりましたが、今日は結局4対0で負けましたね。

 

嫌なこと、面倒くさいこと、緊張感やストレスと解放感

 ゴールデンウイークも終盤ですが、皆様どのようにお過ごしでしょうか?私は暦通りのお休みだったので、もう終わったも同然ですが、最初のうちはやらねばならないこともありようやく最後に来て解放感を味わっていました。

 さて皆さんは勉強やお仕事で嫌なこと、面倒くさいことがたくさんあると思います。特に小中学生の方たちは、毎日あるいは長い休みなどに宿題がたくさんあって、ああ嫌だなと思いながら早めに手掛ける方、終わりにラストスパートで片付ける方、様々だと思います。最近は多量の宿題が終わらないので、減量してもらい出せるだけで許していただいている方もあると聞きます。私も子ども時代、時間の無駄かな?と思いながら、判で押したような変わり映えのしない宿題に取り組んでいましたが、夏休み、私の場合は7月中の10日間くらいでめどを立て、8月に自由研究や毎日取り組まなければならないような日記的なものをやっていた記憶があります。ただ、7月中はつらい毎日ですが、宿題の目途が立った8月になると一気に楽になって夏休みの解放感が得られました。

 ゴールデンウイークは特に新入学や新入社員の方たちは、過度に緊張して毎日を過ごしていた4月からの1か月間の後で解放感もひとしおだと思います。皆さんにとって4月が嫌なことや面倒くさいことがあった1か月だったかどうかはわかりませんが、やはり嫌なことや面倒くさいことをやり遂げたり、強い緊張感で過ごしたあとに解放感を得られるのでしょうね。

 こう考えると、面倒くさいことや嫌なこともやはりやっていかなくてはいけないと思うようになりました。過度に緊張したり、嫌だったり、面倒くさかったりするのはやはりストレス過多で解放感を味わう前にくじけてしまいますが、仕事や勉強で嫌なことや面倒くさいことをやらなければ解放感も味わえず、すっきりすることがなくなるような気がします。私はあまりに忙しくない限り、週に1回程度はジムに行って適度な運動をするようにしています。しかし疲れているとジムにも行かず最初は家でゆっくりしたいなと思いますが、面倒くさいなと思いながらも1時間程度ジムで過ごし、前後で血圧を比べると30くらい下がっていてすっきり感が得られ、勉強や仕事と運動の面倒くささは違うものの、やはり面倒だ、嫌だとばかり思っていてもだめだなと思います。

 運動も好きなことで汗を流し、嫌なことや面倒くさいこともなるべくマイペース、自分のストレスがかからない方法でやれば緊張感やストレスがたまりにくく、解放感も十分得られるので、皆さんも仕事や勉強を嫌々やるのではなく、やっている最中も終わった後の解放感をイメージしながら、終わった後の解放感を楽しみにして自分のやり方でやり遂げていただきたいなと思います。また、健康のためには運動ですっきりして解放感をさらに上げてほしいなと思います。

 私はゴールデンウイークの最後に来て解放感を味わっていたと申し上げましたが、先ほどメールをチェックしていたら、また新たな仕事の依頼が来てしまっていて、解放感が下がってきたので開き直っているところですが、また今週の日曜日をイメージしながらやっていこうと思います。あー来週はつらいな。