プロ野球と健康・睡眠

個人的な視点でプロ野球の現在過去未来、特にこれからのジャイアンツの戦略イメージについて語りたいと思います。プロ野球選手の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。

プロ野球とインシデント・アクシデント

 以前「検診の効用とプロ野球」と題したときに、ロッテの順天堂大学病院との医療面、栄養面、コンディショニング面での提携が発表されたことも言及しました。ジャイアンツはそれとは関係ありませんが、ドラ1の堀田選手の肘手術はあったものの、その後故障者も順調に回復し陣容がそろっての開幕となるかと思っていました。ところがここにきてまた中心選手の丸外野手(開幕には間に合うようですが)や今年最も期待されているひとりといってもよい山下航外野手の重大なケガ(アクシデント)が判明して、開幕日が決まろうかというときにがっかりしてしまった巨人ファンの方も多いのではないかと思います。

 さてこれらのことが病院で起これば、医療従事者はインシデントアクシデントレポートを書かねばなりません。厚生労働省はインシデントについて、日常診療の場で、誤った医療行為などが患者に実施される前に発見されたもの、あるいは誤った医療行為などが実施されたが、結果として患者に影響を及ぼすに至らなかったもので、ヒヤリハットと同義と定義しています。アクシデントとは、防止可能なものか、過失によるものかにかかわらず、不適切な医療行為(必要な医療行為がなされなかった場合を含む。)が、結果として患者へ意図しない傷害を生じ、その経過が一定程度以上の影響を与えた事象をいいます。インシデントレポートは重大な医療事故を未然に防止するために作成し、アクシデントレポートは起きてしまった医療事故の再発を防止するために作成します。1件の重大な事故の背後には、重大な事故に至らなかった29件の軽微な事故が隠れており、さらにその背後には事故には至らなかったが300件の異常、いわゆるインシデントが隠れているというハインリッヒの法則があります。そのため起きてしまう可能性があるたくさんの医療事故を防ぐ目的で、インシデント・アクシデントレポートが作成された後、病院内の安全管理委員会等による調査・分析・報告・周知を行い、委員会の組織を中心として具体的な再発・防止策をしっかり検討・策定していきます。

 プロ野球球団も大学病院と提携する時代であり、重大なアクシデントが起きることによって選手の健康が害され、活躍の機会や選手生命が失われるだけでなく、ペナントレースの成績や人気、ひいては球団や選手の収入などにも関わるわけですから、ぜひ安全管理委員会のような安全面を積極的に考えていく組織の構築が必要ですね。ちなみに阪神などは今回コロナウイルスに罹患した選手たちもいらっしゃったわけですから、やはり病院にあるような感染対策委員会というような組織もその中に組み込んでいくべきでしょう。選手がケガや病気で活躍できないということが今後さらに少なくなるよう是非プロ野球、ひいてはスポーツ界を支える方々が中心になって、より真剣に考えていただきたいと思います。私が知らないだけで、ロッテなどはかなり進んだシステムを持っているのかもしれませんし、おそらく大リーグなどはしっかりとしたシステムを持っているのだと思います。ケガは不可抗力、あるいは自己責任・自己管理の甘さなどというだけで片付けられる時代は去り、中心選手のケガが多かったので優勝できなかったなどのコメントも少なくなり、活躍すべき選手が、ケガや病気が減って安心して活躍できるような時代になるよう切に願います。

アベノマスクと刑事コロンボ

 アベノマスクは皆さんに届いたでしょうか?私の家にはいっこうに届きません。その中で今日帰りに寄ってみたナチュラルローソンでは不織布のマスクが山積みで売り出されていました。何のためのこの布マスク配布なのか?国民が働いて納めた税金が熟慮されないで使われた?ように感じますし、庶民の自分にとっては本当にやるせない気持ちです。東京高検検事長の定年延長法案も、官邸の関与がどの程度かはともかくとして、コロナ禍で皆さんのお仕事が打撃をうけており、失職している方もいらっしゃる中、特定の人のみ優遇しているととられかねない法案を通そうとすることの意味はよくわかりません。自分がこの定年延長される立場であれば、ご辞退申し上げたいと感じると思います。少なくともこれらのことをする前に、なぜ必要なのか?それ以外にもっとよいことはないのか?などに関して国民が納得するような説明をすべきではないでしょうか?

 話は変わりますが、しばらく前からBSプレミアム刑事コロンボの初期の作品の放送が始まりました。見忘れることも多いのですが、見ているとコロンボ刑事が身勝手な理由で完全犯罪の殺人を目論む犯人を時には策を弄して追い詰めていく様が非常に微笑ましく描かれており、一級のエンターテイメントと感じます。コロンボ刑事は回数を重ねるごとに、頭もぼさぼさ、コートがぼろぼろ、車もぼろぼろになっていく感じで、周りのパリッとした方たちの中で異彩を放ちながら、最初に自分の尺度で疑問点を感じることから裕福で地位もある犯人の殺人を確信し、追い詰めていきます。最初は風采の上がらない刑事なので能力もないだろうと油断し、リップサービスを惜しまなかった犯人が徐々にコロンボの推理に付き合わされ、これは何とかしないといけないと感じ、余裕がなくなってぼろをだしてしまう様を描きます。コロンボ刑事は命を狙われることもほとんどなく、安心してみていられるサスペンスというよりコメディ作品なのかなと思います。

 刑事コロンボは殺人課の刑事なので、安倍総理や官邸を追い詰めていくことはできませんし、もちろんコロンボさんは架空の人物です。しかしもしコロンボさんがジャーナリストであったり、野党の議員だったりすれば、人を楽しませながらこれらの方々を追い詰めていく様をみせてくれ、コロナ禍で心身が疲れている人たちも心のもやもやが晴れて、スッキリしたと思えるかもしれませんね。

日常と非日常

 コロナウイルスによる外出自粛に伴う生活は現状では非日常であり、非日常に適応できない人が少なくないと思います。開いているパチンコ屋などの三密と思われるところにも出かけ、感染の温床を作る可能性があることから、政府の方を初めいろいろな方がコロナ禍の再度の活性化を心配されています。

 このようなところに出かける人は「理解が不十分で、パチンコなどのギャンブルががまんできず、自分勝手だな」と思ってしまう方が大多数を占めると思います。ただその中には経済的な問題から収入減を補填しようとする人、外出自粛からストレスが高まり、発散や憂さ晴らし、気分転換はこれしか考えられないというような人もいらっしゃるでしょう。その中にはギャンブル依存症と考えられる人もいらっしゃり、ギャンブル依存症など精神面の治療が必要なのかもしれません。

 勤務先やご家族で何とか工夫して非日常をうまく生活している人、自粛のため交代勤務などで休みが増えた人の中には、特に慢性疾患や病気になった方、過労だった方などでは、体が楽になって落ち着いて生活ができるようになった方もいらっしゃるでしょう。また今のテレワークなども含んだ自宅での生活が意外としっくりきて、前よりクオリティオブライフが上がったなあと思われる方もいるでしょう。医療やライフラインを守っている方は過労で強いストレスを抱えて恩恵を被ることはなかなかないでしょうが、オンライン会議やオンライン学習に関わるような一部のお仕事の方たちは忙しくも、収入が増え先行き明るいなと感じられる人もいらっしゃるでしょう。

 子供たちは若いため柔軟性があり意外と適応力がありますが、大人のようにコロナ禍に対する理解度が高いわけではないので、究極的には理解できず、このような日常が続くとかなりうまく過ごすようにしない限り、家族にあたったり、機嫌が悪くなり泣きやまなくなったりする子がいらっしゃると思います。オンラインでつながったりできるお友達もいらっしゃるでしょうが、新学期心機一転と思っていた新入生などの方たちは新しい友達や先生にも会えないうちから休校で大変なストレスを抱えていることと思います。

 このような様々な方たちがいらっしゃり、様々な悩み、ストレスに対して共感を示すことが、様々な相談を受ける福祉事務所、ハローワーク、学校、児童相談所、病院などでは重要で、お話に耳を傾けるだけでも救われる方がいらっしゃると思います。

 現在コロナ禍は非日常と考えられているかもしれませんが、今後の世界はafter コロナではなく、withコロナとも言われており、早く新しい日常を作り適応することが求められます。私は日本国民は非常に聡明で自分で切り開いていける力を持っていると思います。どんな日常を作ればよいのかまだよくわかりませんが、afterコロナでもwithコロナでもこの災禍を糧にして、現在よりもより多くの人が適応できる日常を作っていけることを切に願います。

 

 

明智光秀は青鬼か?

 皆さんは大河ドラマ麒麟がくる」をご覧になっているでしょうか?歴史上最大のミステリーと言われる本能寺の変を起こした「明智光秀」を描いた作品です。私には現時点では「明智光秀」が大変思慮深く、自分のことより他人のこと、人民のことを考える聡明で真摯な方のように描かれていると思いました。

 この間、「世界の何だコレ!?ミステリー 明智光秀はなぜ信長を討ったのか? 黒幕にあの武将?」 というような番組を見て、一つの仮説が浮かびました。明智光秀菩提寺 西教寺豊臣秀吉が大切にしていたものがあり、豊臣秀吉のこどもの葬儀を行った妙心寺にも光秀とゆかりのあった僧が光秀の菩提を弔うために浴室を作ったとのことです。これらのことからすると、交流はしっかりあって親しい同僚であった可能性は強いのではないかと考えました。また、光秀の肖像画には出家して僧になったとの文言が書いてあるそうですし、南光坊天海僧正明智光秀と同一人物との伝説もあり、僧になって活躍したのも全く信憑性がないものとも言い切れないのかなと思いました。

 私はあの時代に、もともと帰ることを予想もしないで、準備も全くなく、本能寺の変が起きてすぐ、あの短期間で秀吉が大返しできるのか?、岡山から大阪まで駆け抜け、疲労困憊の中陣容を固め、あっさり勝利できるのか、はなはだ疑問でした。番組の中でも信長の首は信長と交流のあった僧が持っていって隠して?おり、それは光秀がもともとその僧に頼んでいた可能性もあったのではないか?首がみつからないことを事前に秀吉は知っていたことで、首が見つからないことから「信長は生きている」と諸将への手紙に書くことができ、秀吉に与する諸将が増えて有利になるように仕組むのも、秀吉ではなく光秀の計画のうちであった可能性があるのではと思いました。光秀は主君を討った大犯罪人であり、年齢もいっているので自分で天下をとれる可能性はないが、このまま信長の天下にしておいては、人民や同僚が苦しめられる。自分は悪者になってもよいが、暗殺できるこの千載一遇のチャンスを逃さず、良い政治をしてくれるであろう、自分より若い信頼できる同僚「秀吉」に移譲することを考えていた、秀吉もその話に乗った可能性があるのではないかと思います。農民の竹槍に刺されて死んだとされるのも、大犯罪人にふさわしい最期のための脚色(光秀本人が考えた脚色?)なのかなと思います。

 皆さんは、浜田廣介作の児童文学「泣いた赤鬼」をご存知でしょうか?赤鬼はずっと人間と仲良くなりたいと思っていたが、人間たちは疑い、誰一人として赤鬼の家に遊びに来ることはなかった。 赤鬼の話を聞いた青鬼はある策を考えた。 青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをする。そこへ赤鬼が出てきて、青鬼をこらしめる。 そうすれば人間たちにも赤鬼がやさしい鬼だということがわかるだろうという作戦であった。 この作戦を実行したところ、大成功し、赤鬼は人間と仲良くなり、村人達は赤鬼の家に遊びに来るようになった。その後 「ぼくが、このまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。それで、ぼくは旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。いつまでも君の友達です。」 といった置手紙を残し青鬼は去っていったというものです。

 これを、光秀を青鬼、秀吉を赤鬼に置き換えてみてはいかがでしょうか?もちろんこの話と本能寺の変の状況は全く一致しているということではありません。しかし、青鬼の光秀はある意味fakeの戦いをした後出家し、僧となりもしかすると天海僧正となり、歴史の行く末を見守っていく、(私的、個人的には)素晴らしい話なのではないかと思います。「麒麟がくる」で「光秀」と「秀吉」の友情はどう描かれるでしょうか?これらはあくまでも仮定・架空の話ですが、巨人軍もこのような素晴らしい友情のエピソードが今後増え、監督交代時などでも、ごたごたの解任劇ではなく、このような友情があっての交代劇であれば、人気が高まること請け合いですね。

 

「ひまわり」と「月見草」

 「ひまわり」と「月見草」とは野村克也さんが自分と長嶋茂雄(+王貞治さんとも)さんを比較して、謙遜して自分を「月見草」と喩えたと聞いています。テスト生から長嶋さんや王さんと肩を並べる、あるいはそれ以上の成績を残している素晴らしい選手であり、野球を知っている人なら誰でもその名前は知らないはずのない名選手であるにも関わらず、そのような話をした、まさに名選手ならではの名言だなと思いました。巨人というその当時は球界のトップ球団と言っても過言のない時代に、南海という球団で光っていた選手の偽らざる本音だったのだろうと想像します。またこの言葉からも以前は、名球会でも強い巨人の中で名球会に入られた人と万年Bクラスの中などで名球会に入られた人とは違った意味を成すのではないかと思いました。監督になってからの実績ではどうなのかわかりませんが、歴代の監督の中でもトップと評す識者が多いと言っても過言ではないでしょう。巨人ファンの私(アンチの部分もあるのかな?)でも野村巨人を見たかったなと思いますし、そう思う方も多い?でしょう。

 球団の好き嫌いというのは説明が難しいもので、父は阪神ファンでしたが、私は子どもの頃から巨人の練習場が比較的自分の家から近い、9連覇を成し遂げるほど強く人気があったことから必然とも言えるほど巨人ファンでした。しかし、人気があり、華のある選手が必ずしも好きではなく、9連覇中では王選手が好きでしたが、土井選手など玄人好みで味のある選手も好きで、自分の若い頃は川相選手がしっかり活躍するようになるまで応援していましたし、自分が実力があると思う斎藤雅樹投手などの選手が活躍することに楽しみを覚えていました。ドラフトでは巨人の指名する選手はしっかり確認し、ヤクルトの村上選手などは先になぜ指名しなかったの?、ああもっとうまい指名の仕方があるのではないかと、自分が巨人の編成のスタッフにいればもっとうまい指名ができたのにと一喜一憂していました。大田選手がトレードされたり、一岡投手や平良投手が人的補償になったときはもう少し育てられなかったの?うまいプロテクトができなかったの?と思い、その憂いが現実のものになってしまったりして、FAなんてやめたらよいのでは?と思いました。この間ケーブルテレビで2007年、優勝を決めた試合を見ていたら、4人も30本以上本塁打を打った選手がいて、控えもそうそうたるメンバーでこれで優勝できなければどうファンに説明するの?、これじゃあ若手が出て来れないなあと嘆きました。球団にとっては強くなければファンも離れるのだなと考えているのだと思いましたが、強くても巨人のファンが昔より減ってきているのは事実でしょう。FAで一流の選手(FAの時代ではありませんが、指導や技術、調整法が若手の選手のためにもなりそうな金田投手や張本選手、FAでは落合選手や小笠原選手など)を連れてくることは大歓迎ですが、単に現在の選手と比べれば実績は上だが、今後は上なの?とファンが考えてしまうような選手を連れてきても功罪両面あると考えるべきです。

 現在の巨人はかつての価値はなく、FAの目玉の選手にも振られ、今年は若手が活躍できそうな1年になるというところでこのコロナ禍です。大田、一岡、平良選手が移籍せず、巨人の主力として活躍していれば、巨人の人気はもっと高まったと私は確信しています。野村監督ならどのように選手をみて、どのようなFAをし、どのようなトレードをし、どのような采配をしたかなと思います。松井監督や阿部監督を今後見たいなとは正直思います。星野監督には振られたとも聞いていますが、監督だけ生え抜き選手のみという伝統はいかがでしょうか?ソフトバンクが「ひまわり」、巨人が「月見草」と考える人は増えているかもしれません。昨年から今年を変革の契機にして、自分たちのドラフト指名を信じ(環境が変わって選手が活躍することは否めませんが)、「ひまわり」と「月見草」が活躍する素晴らしい布陣・素晴らしい采配で心躍る、再び9連覇を成し遂げられるような持続性のある球団にしてまたぶっちぎりの人気のある巨人軍にしてほしいと考えます。

 

コロナ禍とプラスポイント

 不適応の原因である(認知様式:ものの見方や考え方)のクセを直し、適切な行動をすることによって正しい方向へと修正する治療法は認知行動療法と言われます。

 連休に入り皆さんは、コロナ禍で自粛、自粛と言われ、外に安易に出られない、人に会えない、外食できずおいしい食事やお酒が飲めないなど三重苦だーと思われている方が多いのではないかと推察します。お仕事もなくなったり、少なくなったりして収入面で先行き心配だなーと思われている人も多いでしょう。一方、コロナに罹られた人を治療しているお医者さんや看護師さんをはじめとする医療関係者は大変な思いをされながら、自分もいつ倒れるかわからないという悲壮な覚悟で、昼夜問わず神経を擦り減らされている方もいらっしゃるのではないかと思います。私も仕事が少なくなり先行き不安だな、コロナがいつ収束するのか、自粛がいつまで続くのかなーなどとつい考えてしまい、気持ちを楽にしたいなーといつも思っています。

 手前みそで申し訳ありませんが、緊急事態宣言が出てからの自分にとってのマイナス点とプラス点を挙げてみます。

 マイナス点は上記のとおり、コロナの治療をしている人や、自らあるいは家族がコロナにかかられた以外の方が感じる全て?だなあと思います。しかし、プラス点も多々あるなと思いました。以下に現時点で気が付いた点を書きます。

 仕事のアイデアに使える時間が増えた。減った仕事がある反面、余計な仕事もあり、仕事に関連する知識が増えた。人の振り見て我が振り直せ ・ 人を以て鑑と為すような事例も増えた。zoomを使った会議ができた。絶対的には仕事量が減ったので早く帰れるようになった。帰りにいままで気づかなかったお店や景色に気が付くようになり、いままで知らなかったもの(主に食料品)を買うことができた。ジムに行けなくなった代わりに、歩く距離や時間、日光浴の時間が増えた。映画を見る時間もなかったのが、ビデオなどで映画を見る時間を作ることできるようになった。家族そろって話したり、食事をしたりする共有の時間が増えた。zoomやLINEを使って飲み会ができた。などなどちょっと考えただけでもプラス点も多々あるなあと思った次第です。

 現時点でコロナにかかってもいませんし、家族も無事ということからこんな楽観的発想が生まれるのかもしれませんが、自分と同様の状況の方もいらっしゃると思います。

大変な思いをされている方の前では不謹慎だと思いますが、物事のマイナス面ばかりみるのではなく、プラス面を常に考えながら毎日を過ごしていく。人類が幾多の困難を乗り越えたのはこのような認知行動療法を自ら行ってきたからではないでしょうか。

Stay homeと二次障害

 ゴールデンウイーク間近ですが、今年は小池都知事が言われるように、Stay home weekとするのが、一番よいのでしょう。しかしコロナ感染予防と免疫力のところでも述べましたが、Stay homeに甘んじて、Stay homeしていればどういう生活をしていてもよいというわけでは決してありません。

 人と人との接触8割減という数値目標もあり、接触を減らすのはもちろん必要です。数値として出るところが目標としてたてやすい面があることは確かです。しかし、いろいろなご家庭のお話を聞いていると、特にお子さんたちはかなりの比率で遅寝遅起き、下手すれば昼夜逆転のような生活に陥っているようです。Stay homeで日光浴もし、運動も勉強(仕事)もし、健康的な生活をすることは自分を律することができる大人はふだんの生活を続けていれば楽に?可能ですが、まだ精神的に成熟していない子供たちは通常の学校生活がない状況では容易ではないと思います。ここはやはり大人が率先して規則正しい生活をし、子どもたちに模範を示すべきだと思います。リズムの狂った生活を長く?していると、生活習慣病、がん、感染症など多くの疾患でリスクが高まります。コロナ禍が収まったのはよいが、多くの疾患がその後増えたという統計が数年後に出るかもしれません。あるいはこの短期間の間でもリズムが狂うことが誘因となっていくつかの病気が増え、救急患者が増える可能性もあり、医療崩壊が叫ばれる昨今望ましい状態とはとても思えません。

 みんなが見に来るからという理由で観光地ではお花の刈り取りなどを予防的に行っていますが、これも生態系に影響を及ぼさないか?、また遠くからでも眺めて精神的な癒しやリラックスにつながっていた人たちに悪影響を及ぼさないか?とても心配です。その中で、巨人軍の監督や選手が東京都の医療施設に5000万をいち早く寄付したことは、私にとってとても嬉しいニュースでした。

 政府・地方自治体、マスコミや、影響力をもつ著名人の方たちはこういう時期、模範となるようなことを率先して発信すべきと思います。人間辛い時期、追い込まれた時期にどう行動するかで真価が問われます。私の影響力は全くありませんが、皆さんのコロナウイルス感染予防、健康を保つためによいと思われることをできるかぎり発信していきたいと思います。