昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

プリテンド(pretend)か本気(真剣)か?

 オリンピックは終わりましたが、パラリンピックでの日本人の活躍が見られるのが嬉しい反面、コロナのことも考えると複雑な気持ちになってしまう今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 オリンピックやパラリンピックのみならず、プロフェッショナルな仕事は全て真剣、本気でないととても良い成績は得られないと思います。しかし現在までの政府などのコロナ対策に関しては果たして真のプロフェッショナルと言えるのでしょうか?

 下記のようにコロナの軽症患者が他の国よりも少ない状況で医療崩壊を起こし、今後このような事態を招かないように医療システムを再構築させるような動きは残念ながら現政権の時代ではあまり見られませんでした。これはもちろん政治的な判断だけでなく医療システムを変えることができる方々のプロフェッショナリズムの問題もあるのではないかと思ってしまいます。極端なことを言えば、やっているふりをするつもりではなくても、抜本的な対策をすることから逃げ、付け焼刃な対策をする間に早く嵐が過ぎ去ってくれないかと待っているような節があるのではないかなと思います。またここまでにはならないという見通しがあったのかもしれません。前回のブログでも書いたように、コロナ医療の現場の方々は本当に死に物狂いで過酷な医療現場でのお仕事を日々こなされており、私には感謝の気持ちしかありません。医療システムを変えていくことも確かに並大抵なことではなく、これまでにない機関同士の連携や関係の再構築などが必要で時間もかかるのだと思います。

news.yahoo.co.jp 

 

 しかし今回岸田前政調会長が総裁選を見据えてコロナ対策において4本柱の公約を発表されました。前回の総裁選では敗れた岸田さんの今回への意気込みがうかがわれます。おそらく有効かつ実現可能なものにするには今後も修正が必要とは思いますが、他の候補者がまだ何も言われない中、時宜を得た素晴らしい公約だと思いましたし、いまのところそういう動きがないのでこのような公約をされたのだと思いました。

 

www.nikkansports.com

 さて子どもは”おままごと”や”ごっこ遊び”が好きです。米国ではごっこ遊びを

”プリテンドプレイ”というようで、"pretend"と言いながらごっこ遊びをしている子どもたちを見たことがあります。

 私はこれからのコロナ感染対策の構築には本気のプロフェッショナリズムが必要だと思います。”pretendでこれらのことをやっているわけではない”のはもちろんわかっていますが、”やってるけどそう簡単ではないのですよ”というようなexcuse的なやり方では、現状のコロナ感染が収まっていくとはとても思えません。岸田さんが首相になられるかどうかはわかりませんが、ただトップに立ちたいという人ではなく、本気度・真剣度を示せるリーダーが首相になられて、全国民が同じ方向を向けるように引っ張っていってくれることを祈ります。