昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

クレクレタコラと我慢、報酬予測

 デルタ株によるコロナ第5波も勢いがなくなってきて、ほっとされている方も多いのではないかと思いますが、いかがお過ごしでしょう。

 さて巨人軍がまたも実績はあるが、重大なトラブルにより前球団で処分に困った中田選手を獲得し、巨人としては”優勝に向けて必要なピースが揃った、活躍して優勝の使者になってくれるだろう”と考えたのでしょうが、少なくとも今シーズンに関しては、そのような甘い報酬予測は当然のごとく裏切られ、来シーズン以降もどうなるのか不透明な状況です。最近あまりのつまらなさに巨人のゲームを見る気がうせたのであまりよく見ておらずはっきりとはいえませんが、育成契約にして、三軍からの出直しをされてもよかったのではないかと思います。彼の年棒を考えると他の球団が手を挙げるとはとても思えませんでしたが、それにしても”クレクレタコラ”巨人軍と揶揄されても仕方がない今回の獲得劇だったのかなと思います。

 昔TVでやっていた”クレクレタコラ”を当時は全く見ていなかったのですが、歌だけは覚えていて記憶が確かならば、「クレクレクレ、くれってくにゃりんくにゃりんこ、何でも欲しがるクレクレタコラ」というフレーズがあった気がします。私はこのブログでも、強い巨人軍を作るにはドラフトで取ってきた若い選手を育てた方がよほど強くなるし、選手たちのモチベーションアップにつながると願望を書いてきましたが、巨人は本当に懲りないなと思います。過去から現在までの巨人でのFA選手の活躍度とお金のかけ方をみると、コストパフォーマンスはおそらく12球団一悪いと思います。残念ながら、日本の制度ではFAは実績は抜群、しかし旬を過ぎたかもしれない”超一流でない”選手が多いことは、特に巨人のFA選手の活躍度をみてもまず間違いがないところでしょう。また報酬予測が過大であるため、下手に二軍に落としたりできない、あれだけのお金をかけたのだから使わないと一軍でのヒット1本や投げた1球に対する給料が高額になってしまい、ペイするには我慢して使わなければならないという気になってしまいます。しかしながら、本来我慢して使うべきは、若手で将来中心選手になりうる素材の選手であり、お金をかけたから、実績があるからなどという理由で我慢して使うのは、全く本末転倒のことだと思います。

 

prokenkougiants.hatenablog.com

 

 今年はドラフトで育成選手や高校の選手、ケガをした選手をたくさんとり、その選手たちが2-3年後に育つまでFAの選手でしのぐというのが、巨人の皮算用だったのかもしれません。しかしその期待は脆くも崩れ去り、FAで獲得した選手でしっかり活躍している選手は皆無といってよい状況でしょう。また、若手選手にとっては”いったい何人とれば気が済むの?””いくら二軍で活躍してもどうせ上がれないな”という過小な報酬予測からの失望感がモチベーションダウンにつながり、よほどしっかりした長期の目標を持っている選手でなくては毎日頑張ることができず、最近の一軍、二軍の連敗につながっているのではないかとうがった見方をしてしまいます。

 巨人首脳陣にはもう少ししっかりした長い目で報酬予測する能力を培っていただき、選手の獲得も、巨人に入りたい選手ではないから獲得を見送るのではなく、長期的なチーム作りのために、現在は我慢をして実績のある選手をとることは控え、その後に次から次へと若手のホープが活躍するようなチーム作りをしていただきたいと思います。そしてそれが最もファンを獲得でき、長嶋監督の言われる不滅で素晴らしい、報酬予測を高くできるチームになる一番の近道だと私は思います。

 

prokenkougiants.hatenablog.com