昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

意識の格差社会とコロナ禍

  一向に収まる気配のないコロナ禍ですが、皆さんは我慢を強いられる生活をされていると思います。もうやることもなくお手上げといった雰囲気が流れていますが、それでも希望を持って、コロナに罹らないよう最大限の努力を皆さんはされていると思います。

  その中でちょっとびっくりした記事を見つけました。全てよく読んでいただけると「なるほど、確かに」と思います。しかし言葉尻をとらえるようで申し訳ないのですが、この中で「現場はがんばっている——はい、それはその通りだろう。それについては、みんな感謝している。でも一方でツイッターでは「うちはもう病床埋まっちゃったのでこれ以上できることはありません。暇だー。行動を控えないおまえらのせいで医療崩壊してるけど、ワシら知りませんからね」みたいな居直ったツイートも流れてくる。

彼らとしては、危機感を広めようという善意ではあるんだろう。でも、コロナ拡大はおまえらの不心得のせいだ、おまえらの頑張りが足りないからだ、医療はもう何もしません——それは話がちがうだろう。医療関係者に感謝しましょう、みたいな話があったけれど、つなぎのオマケの立場でここまで頑張った一般国民こそ、本当に感謝されるべきだ。というのも、彼らの犠牲こそは壮絶なものだからだ。」と何となく、医療側の怠慢を揶揄しており、医療者が国民であり、コロナ医療を支えている現場の方々に対する感謝はあまり感じられません。医療者も一般国民であり、さらに感染しないようにさらなる努力を私生活や現場で行っていることもお分かりになっていないようです。今日の報道特集を見た方もおわかりのように過酷な現場で働き、さらに医療システムを変えるような時間も余裕も医療現場の方にはありません。今後日本の医療システムを、このような災害時に対応できるよう変化させられるように、建設的な意見をしていただくのが私は評論家と言われる人たちの役目ではないかと思います。

 医療者の中にはこの方が嫌悪するようなツイートをされる方もいるかもしれませんが、このような方は稀であり、また本当に医療をしっかりやっている医療者かどうかも疑わしいのではないかと思います。また下記のようなタマホームの記事からもわかるように、コロナ禍の収束(終息)の足を引っ張りかねない方もいらっしゃるようです。ぜひ評論家の方々には、コロナ禍をなるべく早く終わらせられるような建設的な意見をお願いしたいと思います。

president.jp

 

news.yahoo.co.jp

 私も1年前、最初の記事の評論家の方のように長引く自粛での危険性について「自粛自粛と言われていますが、自粛して外に出ず、運動量が減り体力が衰えてきている方も相当数いらっしゃるわけで、筋力が衰えたと感じる私もその一人と思っています。これは免疫力を落とし、他の感染症や悪性腫瘍、生活習慣病になりやすかったりする可能性もあり、今後長期間続けば危険だと思います。」というように言及しました。

prokenkougiants.hatenablog.com

 自粛だけしていれば全て解決するという考えは、おそらく捨てないといけませんし、長くロックダウンをしたり、ワクチン接種が早くに普及している諸外国でもデルタ株の猛威は同様に起こっているわけですから、変異株に対応できるワクチンの開発や有効な治療法の開発、ワクチン接種回数を増やすことなどがウイルス撲滅につながると思います。

 格差社会という言葉が最近よく使われるようになり、一般国民、上級国民などの言葉も多く使われていて、格差をなくすにはまだまだ課題が山積みのようです。私は意識の格差を無くし、意識を常に高くもち、皆さんが同じ方向で頑張り努力をしていくことが今後格差をなくしていくことにつながるのではないかと思います。その意味でプレジデントオンラインの記事は筆者の本意からはずれるのかもしれませんが、”全ての国民が高い意識を持って同じ方向で頑張っていく”ことをくじいてしまうような記事と感じてしまいました。

natgeo.nikkeibp.co.jp