昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

「継続は力なり」と「少し愛して長ーく愛して」

 連休中盤?ですが今日、私は職場にも行き、Zoom会議もこなし、しっかり?仕事をしてきました。さて緊急事態宣言や蔓延防止対策などで、外出自粛されている方が多いと思います。しかしながら、首相や知事などの、毎回同じような発言を聞き、他に言うことないのかなと閉口される方も多いのではないでしょうか?

 「継続は力なり」は我々が高校生の頃勉強をするときによく使っていた格言で「小さなことでも地道に続けていけば、やがて、大きなことでも成し遂げられる」ということ を意味するものです。さて、我々が「外出自粛」を続けていれば大きなことを成し遂げられるでしょうか?私はそれはありうると思います。しかしながら、外出自粛といっても幼児、小児が長期間継続的に外出自粛することは不可能でしょうし、医療機関など「私たちの日常生活における、必要不可欠な仕事(エッセンシャルサービス)を担う労働者」である”エッセンシャルワーカー”が外出しないということも不可能でしょう。買い物をするのも不可欠ですよね。

 ”ちぐはぐだなあ”と思うのは、下記の記事のようにJRや東京メトロは連休の合間、平日の朝の通勤時間帯、ラッシュ時(主に午前6~8時)に限定して運休し、各路線とも通常の8割程度で、国や都からの要請を受けての対応だといいます。しかしこれは3密をさけることと相反しており、この間に出ていかなければならず休めないエッセンシャルワーカーを危機にさらすことになるわけです。どなたが決めているのかわかりませんが、もう少し丁寧な対応はできないのでしょうか?それともこのようにすれば、エッセンシャルワーカーであっても、出勤時刻を変えられてラッシュアワーを避けられるとでも思っていらっしゃるのでしょうか?

www.asahi.com

 行楽もするなと言われていますが、家族だけでマスクもして広い公園や、車などで郊外に行き、車内でもしっかり換気をし、他の人と接せずお弁当を食べ、森林浴するなどして行楽をするとすれば健康的ですし、免疫強化につながる可能性もありますし、それがコロナ感染を助長すると言えるのでしょうか?

 政界などでは、継続的に良い成果を上げられる方が昔に比べてずっと減っているように思います。競争が激しくなっていたり、仕事量も増えていたり、SNSなどネットの世界でもたたかれることが多くなっているのでストレスに強くさらされていたり、などなどのことが原因と考えればそのとおりなのかなと思いますが、しっかり芯が一本通っている、よい意味で頑固な方が少なくなり、行き当たりばったりで判断したり、うがった見方ですがお金をもらって満足してしまったりするような人が多いようにも見え、求道者が減っているように思います。

 私がファンだった女優の大原麗子さんのサントリーレッドというウイスキーのCMで、「少し愛して、長ーく愛して」というフレーズがあります。政治家の方々(プロスポーツ選手や芸能人などの方もそうですが)、有名人と言われるような人たちはできる限り、”少しでも長ーく愛される”ような”ちぐはぐさ”のない、素晴らしい発言・活動を長く継続し、活躍されてほしいなと思います。