昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

日常と非日常

 コロナウイルスによる外出自粛に伴う生活は現状では非日常であり、非日常に適応できない人が少なくないと思います。開いているパチンコ屋などの三密と思われるところにも出かけ、感染の温床を作る可能性があることから、政府の方を初めいろいろな方がコロナ禍の再度の活性化を心配されています。

 このようなところに出かける人は「理解が不十分で、パチンコなどのギャンブルががまんできず、自分勝手だな」と思ってしまう方が大多数を占めると思います。ただその中には経済的な問題から収入減を補填しようとする人、外出自粛からストレスが高まり、発散や憂さ晴らし、気分転換はこれしか考えられないというような人もいらっしゃるでしょう。その中にはギャンブル依存症と考えられる人もいらっしゃり、ギャンブル依存症など精神面の治療が必要なのかもしれません。

 勤務先やご家族で何とか工夫して非日常をうまく生活している人、自粛のため交代勤務などで休みが増えた人の中には、特に慢性疾患や病気になった方、過労だった方などでは、体が楽になって落ち着いて生活ができるようになった方もいらっしゃるでしょう。また今のテレワークなども含んだ自宅での生活が意外としっくりきて、前よりクオリティオブライフが上がったなあと思われる方もいるでしょう。医療やライフラインを守っている方は過労で強いストレスを抱えて恩恵を被ることはなかなかないでしょうが、オンライン会議やオンライン学習に関わるような一部のお仕事の方たちは忙しくも、収入が増え先行き明るいなと感じられる人もいらっしゃるでしょう。

 子供たちは若いため柔軟性があり意外と適応力がありますが、大人のようにコロナ禍に対する理解度が高いわけではないので、究極的には理解できず、このような日常が続くとかなりうまく過ごすようにしない限り、家族にあたったり、機嫌が悪くなり泣きやまなくなったりする子がいらっしゃると思います。オンラインでつながったりできるお友達もいらっしゃるでしょうが、新学期心機一転と思っていた新入生などの方たちは新しい友達や先生にも会えないうちから休校で大変なストレスを抱えていることと思います。

 このような様々な方たちがいらっしゃり、様々な悩み、ストレスに対して共感を示すことが、様々な相談を受ける福祉事務所、ハローワーク、学校、児童相談所、病院などでは重要で、お話に耳を傾けるだけでも救われる方がいらっしゃると思います。

 現在コロナ禍は非日常と考えられているかもしれませんが、今後の世界はafter コロナではなく、withコロナとも言われており、早く新しい日常を作り適応することが求められます。私は日本国民は非常に聡明で自分で切り開いていける力を持っていると思います。どんな日常を作ればよいのかまだよくわかりませんが、afterコロナでもwithコロナでもこの災禍を糧にして、現在よりもより多くの人が適応できる日常を作っていけることを切に願います。