昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

「ひまわり」と「月見草」

 「ひまわり」と「月見草」とは野村克也さんが自分と長嶋茂雄(+王貞治さんとも)さんを比較して、謙遜して自分を「月見草」と喩えたと聞いています。テスト生から長嶋さんや王さんと肩を並べる、あるいはそれ以上の成績を残している素晴らしい選手であり、野球を知っている人なら誰でもその名前は知らないはずのない名選手であるにも関わらず、そのような話をした、まさに名選手ならではの名言だなと思いました。巨人というその当時は球界のトップ球団と言っても過言のない時代に、南海という球団で光っていた選手の偽らざる本音だったのだろうと想像します。またこの言葉からも以前は、名球会でも強い巨人の中で名球会に入られた人と万年Bクラスの中などで名球会に入られた人とは違った意味を成すのではないかと思いました。監督になってからの実績ではどうなのかわかりませんが、歴代の監督の中でもトップと評す識者が多いと言っても過言ではないでしょう。巨人ファンの私(アンチの部分もあるのかな?)でも野村巨人を見たかったなと思いますし、そう思う方も多い?でしょう。

 球団の好き嫌いというのは説明が難しいもので、父は阪神ファンでしたが、私は子どもの頃から巨人の練習場が比較的自分の家から近い、9連覇を成し遂げるほど強く人気があったことから必然とも言えるほど巨人ファンでした。しかし、人気があり、華のある選手が必ずしも好きではなく、9連覇中では王選手が好きでしたが、土井選手など玄人好みで味のある選手も好きで、自分の若い頃は川相選手がしっかり活躍するようになるまで応援していましたし、自分が実力があると思う斎藤雅樹投手などの選手が活躍することに楽しみを覚えていました。ドラフトでは巨人の指名する選手はしっかり確認し、ヤクルトの村上選手などは先になぜ指名しなかったの?、ああもっとうまい指名の仕方があるのではないかと、自分が巨人の編成のスタッフにいればもっとうまい指名ができたのにと一喜一憂していました。大田選手がトレードされたり、一岡投手や平良投手が人的補償になったときはもう少し育てられなかったの?うまいプロテクトができなかったの?と思い、その憂いが現実のものになってしまったりして、FAなんてやめたらよいのでは?と思いました。この間ケーブルテレビで2007年、優勝を決めた試合を見ていたら、4人も30本以上本塁打を打った選手がいて、控えもそうそうたるメンバーでこれで優勝できなければどうファンに説明するの?、これじゃあ若手が出て来れないなあと嘆きました。球団にとっては強くなければファンも離れるのだなと考えているのだと思いましたが、強くても巨人のファンが昔より減ってきているのは事実でしょう。FAで一流の選手(FAの時代ではありませんが、指導や技術、調整法が若手の選手のためにもなりそうな金田投手や張本選手、FAでは落合選手や小笠原選手など)を連れてくることは大歓迎ですが、単に現在の選手と比べれば実績は上だが、今後は上なの?とファンが考えてしまうような選手を連れてきても功罪両面あると考えるべきです。

 現在の巨人はかつての価値はなく、FAの目玉の選手にも振られ、今年は若手が活躍できそうな1年になるというところでこのコロナ禍です。大田、一岡、平良選手が移籍せず、巨人の主力として活躍していれば、巨人の人気はもっと高まったと私は確信しています。野村監督ならどのように選手をみて、どのようなFAをし、どのようなトレードをし、どのような采配をしたかなと思います。松井監督や阿部監督を今後見たいなとは正直思います。星野監督には振られたとも聞いていますが、監督だけ生え抜き選手のみという伝統はいかがでしょうか?ソフトバンクが「ひまわり」、巨人が「月見草」と考える人は増えているかもしれません。昨年から今年を変革の契機にして、自分たちのドラフト指名を信じ(環境が変わって選手が活躍することは否めませんが)、「ひまわり」と「月見草」が活躍する素晴らしい布陣・素晴らしい采配で心躍る、再び9連覇を成し遂げられるような持続性のある球団にしてまたぶっちぎりの人気のある巨人軍にしてほしいと考えます。