昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

巨人を強くするために

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さて昨年日本シリーズでは一勝もできず敗退してしまいました。ではどのようにしたらもっと強くできるのでしょうか?

 昔は巨人の資金力は12球団一でブランド力も同じでした。ドラフト導入後各球団の戦力が拮抗する中、一時はドラフト一位で有望な選手を次々と獲得し、うまいトレードも施し戦力確保していましたが、その後は逆指名やFAで有力選手や各球団の4番バッター、エースを獲得して何とか一時しのぎをしたものの、その効率たるやかなり悪いと言わざるを得ず、若手が育ってこない空白期間も作ってしまいました。逆指名、FAや外国人選手を見る目は一流とは言い難いと思いましたが、資金力でカバーしていました。しかし現在FAや外国人選手の獲得力もいまや資金力で勝るソフトバンクなどに負けています。育成選手でも最初は新人王を輩出していましたが、その発掘力もいまやソフトバンクなどにお株を奪われているといってよいでしょう。

 このように球界の盟主の座をソフトバンクに譲った?ように見える巨人。これをどのようにしたら逆転できるのでしょうか?簡単ではありません。現時点では育成選手を含めたスカウト力に関しても巨人は下回っているように見えます。しかし、FAでは選手をとらない広島がセリーグを連覇したようにまだまだこれから逆転できると思います。

 まずは戦力差というより、ベンチの采配・作戦だと感じました。昨年の日本シリーズでは短期決戦であるにも関わらず今シーズン実績を残した選手にこだわっているように見えました。調子の上がらない選手を短期決戦で使い続けて勝つのは難しいと思います。超一流選手でもスランプを脱するのに1~2試合ということがあるでしょうか?またそういう選手は活躍できなければ責任感からさらにプレッシャーがかかり、強い重圧ははねのけるのが難しくなります。また今シーズンの実績は少々あっても、厳しい場面での経験がない選手はこの場面ではつらいだろうという場面で無理して使っても活躍できる可能性は低いと思います。ふだんの技術面だけでなく、人間心理や経験、体調、精神面を考慮した選手の起用や作戦行使という点でまだまだ巨人は考えるべき点があると考えました。

 今後のチーム作りとしては、やはり若い選手のさらなる積極的起用でしょう。外国人やFAに関しても実績最重視ではなく、上り調子・年齢(実年齢というより身体能力やプレーが若々しい)重視のほうがよいと思います。いくら実績を残していても力が落ちてきている選手を外部から獲得するのは今後は絶対避けたほうがよいでしょう。若い選手のやる気がなくなるし、切磋琢磨して実力を磨くということもベテランと若手の間では難しいと思います。シーズンが終わればリセットされ過去の成績を加算することはないので、実力が同じなら未来を加算することができる可能性の高い若手を使うべきです。ベテランを若手のコーチング込みで連れてくるというのもありですが、コーチングできないのなら大きな価値を見出すことは難しいと思います。外国人やFAでは、すでに十分稼ぎ年棒も高い選手はハングリー精神がなく、早晩引退するかもしれないと思われる選手はモチベーションの点で若手に勝てないと思います。実力も成長の余地が十分で年棒もさほど高くなく、日本や巨人が好き、環境への適応力が高い選手は探せばいるはずで、セリーグなら代々広島などの外国人選手は年棒がそこそこのわりに優れていると思います。また年棒が高くなければポテンシャルのある選手を2-3年かけて実力を判断することもできると思います。高い年棒では短期間で判断せざるを得ないでしょうし、環境への適応力も一般的には若いほうが高いと思います。

 FAの人的補償で有望な若手選手をとられたことを巨人は忘れるべきではなく、かつての10月中日との決戦で生え抜きの高校生ドラフト一位槇原、斎藤、桑田の投手リレーによって勝ったことを今こそ思い出すべきだと思います。