昭和・平成・令和 徒然なるままに

徒然なるままに様々なことを思いつきで語りたいと思います。特にプロ野球の現在過去未来、ジャイアンツの戦略イメージについて語ったり、プロ野球選手や皆様の健康と睡眠を守るためにも情報を提供し活動していきたいと思います。でもこれからは毎日浮かんだ思いつきの話題が増えるかな?

巨人軍の品格(巨人軍は常に紳士たれとは)

 秋季キャンプも終わり、新外国人選手も決まり始め、FAも2連敗で終了したところですが、巨人軍から気になる発言が聞かれました。

 秋季キャンプは岡本選手がMVPとのこと、これは来期に向けすばらしいことだなと思いました。実績のある選手がまだあまり実績のない若手選手をひっぱる、やはり自分たちはもっと考えて練習しなければあそこの位置まで到達しないんだという意識を植え付けるものだと感心しました。

 ところが、美馬投手の獲得に失敗した球団副代表は「相当悩んだみたいですね」との発言でした。マスコミは前後の発言を書かず、この一言だけを載せているので一概には言えませんが、不用意な発言と言ってもよいと思います。原監督自ら直接出馬した巨人に対し「直接会って誠意を伝えたい」と電話ではなく、直接伝えた美馬投手はすばらしいと思います。しかし、美馬投手が会談で「悩みました」と話していたとしても、このようなことはコメントすべきではありません。単に巨人の負け惜しみに聞こえるからです。私としては「ロッテというすばらしい球団に行かれても美馬投手の活躍を期待しており、我々も今後美馬投手のようなすばらしい選手にFAで選んでいただけるようさらなる努力をしていきたいと思います。」のような発言を期待します。ただし、このような発言をしていてもつまらないので記事ではカットされてしまうかもしれませんが、記者の方々はやはり「巨人軍はプロ野球の盟主で現在でも紳士たれという精神を守っているな」という意識を持たれるのではないでしょうか?

 もうひとつ、スカウト部長は「戸郷投手も大事なところで投げている。戸郷投手と堀田投手で言えば、ドラフト順位だけでなく、堀田投手の方がはるかに可能性は高い」と発言したと書かれています。これは堀田投手からすれば期待度は理解するでしょうが、巨人の先輩である戸郷投手に対しても何か申し訳ないと感じたり、何となく嫌な気持ちがしてしまいそうです。戸郷投手からすれば、自分の期待度や実力は所詮そんなものかと思ってしまいます。反骨精神旺盛な若者はそれを逆に見返してやると思ってやる気を倍増させることも考えられますが、やる気を失わせる不適切な発言になりかねません。戸郷投手は日本シリーズの大事なところで投げ、最初は冷静に投げていましたが、途中からは顔面が紅潮し心拍も上がっていたようで、自分の持っている力を発揮できるような精神状態ではないように見えました。私が見るに、投げ方も全身を使うようになってバランスがよくなり成長しているので、コーチがフィジカル面だけでなくメンタル面も指導できれば、ポテンシャルは高い選手だと思いますので是非しっかり育てていただきたいなと思います。

 愛と青春の旅だち(原題:An Officer and a Gentleman)は私の好きな映画の一つで、主役の士官候補生が学校卒業まで全うし、下士官・紳士となる成長の過程を描いた名作だと思います。生い立ちや育てられ方から自分さえよければよい、パイロットになれればよいという士官候補生だった主役が、仲間のことも思いやって人も愛せるようになる、名実ともに下士官と紳士になる成長物語です。この中でアカデミー助演男優賞にも輝いた脇役でこの士官候補生の先生(軍曹)は、卒業すれば自分より上の階級になってしまう主役を体を張って見守り紳士に育て上げます。青臭い青春物語ととられがちですが、こういう精神を巨人軍は忘れないでいただきたいと思います。若いよい選手はたくさんいらっしゃるので是非再びV9時代のような強い巨人軍になれるよう、選手を見守り、育てる球団スタッフの方々の奮闘を期待しています。